証券会社が主に行っていることとは?

証券会社の主な業務は大きく4つに分けられます。まずは「ブローカー業務」といって株の売買を仲介する仕事です。株を買いたい、売りたいというお客様の注文を集め、それを証券取引所に送るという、いわゆる仲介業の仕事です。この業務は他の主な業務と比べても非常に大きな割合を占めています。というのも、注文を受け付けた時にお客様からいただける手数料は証券会社の大きな収入源となるからです。また証券会社では、このような仲介業務だけでなく自社のお金でも株を売ったり買ったりする仕事を同時に行っているのです。この仕事を「ディーラー業務」といい、主な業務の1つに位置付けられています。ところで株というのはそもそもある会社がお金を集めるための手段として利用するものですが、そういう会社が自社株でお金を集める手助けをするのも証券会社の重要な仕事の1つとなっています。そもそも株を発行した会社というのは、できればその会社自身で自分のところの株を買ってくれる人を探せればいいのですが、実際それには手間も時間も大幅に費やしてしまい本業に支障を来たしてしまいます。そこで証券会社にお願いして、代わりに自社の株を買ってくれる人を探してもらい実際に売ってもらうのです。このように株を発行した会社の代わりにその会社の株を売る仕事のうち、株を発行した企業からその株を買い取ってそれを多岐にわたりお客様に売る仕事を「アンダーライティング業務」、株を買い取るのではなく、一時的に預ってその会社の代わりに株を買ってくれる人を探して売る仕事を「セリング業務」と言います。このように、4つの主な業務をすべてやっている証券会社を「総合証券会社」と言います。

証券会社一年目の平均年収

株式取引にかかわるのは、投資家か証券会社に勤めている人です。主にこの二種類のタイプの人が株式市場にかかわってくる人です。個人投資家もおおいですが、証券会社につとめてキャリアアップを狙う人も多いです。証券会社にはいるためには特別な資格はいりませんが、入社をしてから資格を取得することも多いです。そのため、常にアンテナを張っていたり、勉強できる人が向いている仕事です。

ほかの職種に比べると、1年目からの平均年収は高い傾向にあります。会社によって違いはありますが、一年目からボーナスももらえて平均で300万円を超えるところも多いでしょう。地方か都会化によっても給料に差は出てきますが、ほかの職種に比べても優遇されています。経験年数を重ねることによって、この給料の差はもっと開く傾向にあります。務めてから、10年も経過すればかなりいい給料をもらえることが多いです。

証券会社に行くためには、常に勉強する意識を持たなければいけません。業種柄、専門用語が多く、営業の仕事も多いです。部署によってすることは違いますが、新人のころは営業を担当させられるのが多いです。飛び込みでお客さんのところにいって、口座を開設してもらうように説明したりもします。電話でアポイントメントをとるのも日常茶飯事なので、コミュニケーション能力も必要なしごとです。

また、外資系の証券会社だと給料も変わってきます。外資系のほうが給料が高いので、英語を勉強してから転職をするのもいいでしょう。キャリアを積んで、昇進するのもいいでしょう。経験を重ねていけば、それだけライフステージの幅も広がっていきます。1年目は大変なことが多いですが、忍耐と努力が大切です。

証券会社に勤めるために必要な知識と学歴

証券会社といえば、株式取引を行う人や株式企業にとって重要な役割を持っています。お金を扱うエリートというイメージが大きく、金融業界といえば証券マンにあこがれる人も多いです。勤めるために知識が必要になってくるので、専門用語や市場の動きをしっかりと覚えましょう。トレードをやっていて、株に興味をもって証券マンになりたい人が多いようですが、仕事の内容を知るとギャップに驚くこともあります。

証券会社で勤めるためには、専門学校を卒業するのが早いでしょう。証券会社に特化した専門学校もあるので、卒業しておくと就職をしてから困ることは少ないです。大手の企業に就職する場合には大学を卒業していることを条件にしているところも多いです。就職してから、資格を取得することも多くなので勉強はずっとしておかなければいけません。

証券会社に就職をするときに一番必要になってくるので、強い忍耐力や精神力です。営業をするひとであれば、一日に100件以上電話をかけるのもあたりまえです。そのなかでは、電話をした途端に断られることもあります。話を聞いてもらうまでも一苦労で、そのなかから契約を取らなければいけません。証券会社といっても仕事の内容はさまざまで、営業を書ける人もいれば取引を行っている人もいます。仕事の内容によって、必要な能力も違ってきます。

証券会社のひとは世の中の動きを一番身近で感じる仕事でもあります。企業の動きや市場の動向を把握できるメリットはあるでしょう。そのため、常にアンテナをはって情報を収集する癖を身につけておくといいです。就職をするときには、明確にやりたい仕事がなくても仕事をしているうちに興味をもつ金融商品が出てくるので、それに特化するといいでしょう。

<高配当銘柄で掴む!配当金生活!-サイト紹介- >
高配当銘柄とは
<投資顧問は口コミで判断>
投資顧問の新着 口コミ評判
<ホットな株情報>
今が旬の注目株